生命保険のお話ためになるものって?

住宅ローンを組むためにはまず、どの金融機関に融資をお願いするか決めないといけません。
例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金など住宅ローンを申し込める金融機関は数多くあります。
金融機関によって住宅ローンの審査の違いは特に大きな違いはありませんが、実店舗がないネットバンクは、各取引をネット上で行います。
実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。
人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。
ネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。
住宅を購入する際には頭金が必要です。
頭金が0円でもOK!という広告も目にしますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。
月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅を購入すると他の費用もかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。
住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
住宅ローンの金利をわけると変動金利もしくは固定金利があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行から薦められる事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。
住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。
それは団体信用生命保険という名前の保険です。
団体信用生命保険の内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローンはすべて無くなる。
という保険です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。
保証料は自己負担ではないので、安心して住宅を購入する事ができます。

http://www.seimeihoken-minaoshi-guide.com/