住宅ローンの申し込みをする銀行選び

住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。
その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。
繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。
繰り上げ返済をすると、元のローン残金を減らす事が出来ますので、借入額を根本的に減らす事ができます。
元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。
住宅ローンを組むにはまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。
銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど新生銀行の住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。
各金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、店舗がないネットバンクですと、取引はネットを通して行います。
店舗にわざわざ行く必要がないので非常に好評です。
店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。
自分の家を購入する事はあこがれでもあります。
ですが、マイホームを購入する際には必ず住宅ローン審査をしなければいけません。
現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。
住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査に通過できない一番の理由は収入面です。
住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。
という事も重要なポイントです。
住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
ローンの金利には大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行の方から薦められるという事はありません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。

住宅ローン審査通らない理由!審査基準甘い銀行は?【フラット35どう?】